JR東日本スタートアッププログラム2020の各賞が決定! フォトシンスが“スタートアップ大賞” “優秀賞”はさとゆめ、ソナス “オーディエンス賞”SD C、“審査員特別賞”グリーンインパクト

東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕、以下「JR東日本スタートアップ」)がベンチャー企業と協業して新たなサービスを実現する「JR東日本スタートアッププログラム2020」のDEMO DAY(発表会)が11月26日(木)にオンラインで行われ、株式会社Photosynth(代表取締役社長:河瀬 航大、以下「フォトシンス」)が総合グランプリ「スタートアップ大賞」に輝きました。 また、「優秀賞」は株式会社さとゆめ、ソナス株式会社が受賞。さらに、「オーディエンス賞」はSD C株式会社、「審査員特別賞」はグリーンインパクトが受賞しました。

「スタートアップ大賞」を受賞したフォトシンスの河瀬 航大代表取締役社長は「これを機に、実証実験にとどまらずJR東日本グループと共に社会インフラとしてのキーレス社会を作っていくことで、優れたユーザー体験を通じた社会貢献をしていきたい」と喜びの声を語りました。
JR東日本スタートアッププログラムは2017年度にスタートし、今回で4回目。今回の採択企業18社は、順次テストマーケティングを展開いたします。

テストマーケティング詳細(下記画像をクリックすると18件の詳細が表示されます)

【各賞の受賞事業者】
スタートアップ大賞:株式会社フォトシンス
「Suicaを活用したスマートビル入退館システムの開発」
【協業内容】SuicaのIDを活用して事前インターネット受付によるビル入退館や駅業務施設の入退館を可能にすることで新しいSuicaの活用方法を創出する。

優秀賞:株式会社さとゆめ
【協業内容】『沿線まるごとホテル』による無人駅からはじまるマイクロツーリズムの実現

優秀賞:ソナス株式会社
【協業内容】無線計測技術を⽤いた⾼効率なインフラの維持管理の実現

オーディエンス賞:SD C株式会社
【協業内容】オンライン問診を活用したスマート健康ステーションの実現

審査員特別賞:グリーンインパクト
【協業内容】湧水を活用したワサビ栽培による地域活性化と地域産業創出

プレスリリース