事業用地管理業務におけるドローン活用実証実験について

JR東日本スタートアップ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柴田裕)は、産業用ドローン等を活用した業務用ロボティクスソリューションを提供する株式会社ブイキューブロボティクス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出村太晋)と産業用ドローンを使った用地境界線の復元と自動航行の実証実験を行います。本実証実験は、JR東日本グループとスタートアップ企業との共創の取組みの一つであり、当社が行う初めての実証実験です。 当社は、今後ともスタートアップ企業のアイデアや技術と、JR東日本グループの経営資源をつなぎ、夢をカタチにしてまいります。 1・実証実験概要 (1)実験日    2018年5月29日(火)※雨天順延 (2)実験場所   JR大船渡線用地の一部(宮城県気仙沼市ほか) (3)実施内容   ①空撮画像及び測量座標を用いた事業用地復元(3Dマッピング等の作成) ②ドローン自動航行及び空撮映像による上空からの用地確認 2・株式会社ブイキューブロボティクス 会社名 株式会社ブイキューブロボティクス 所在地 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル5階 代表者 代表取締役社長  出村 太晋 設立 2015年10月 事業内容 産業用ドローン等を活用した業務用ロボティクスソリューションの提供 企業・自治体向けに、ドローンなどのロボティクス技術と先進技術を組み合わせた業務用ソリューション事業を展開しています。特に、自動化/汎用化の取り組みを推進していくことで、省力化・無人化も含めた新しい業務のあり方・実現の仕方を提案し、日本が直面している社会課題を解決していくとともに、課題先進国である日本で培ったそれらのソリューションを世界に向けて発信していきたいと考えています。