JR 東日本スタートアップ株式会社

あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション

~JR東日本スタートアッププログラム2019の採択企業について~ 21件の提案を採択、DEMO DAY(発表会)で”スタートアップ大賞”を決定します!

● 東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)は、ベンチャー企業や優れた事業アイディアを有する方々との協業によるビジネス創造活動 「JR東日本スタートアッププログラム」を進めてきました。
● 第三回目の今回は、さらなるオープンイノベーションを推進するため、JR西日本・JR九州グループと連携する「エリア拡大」、新潟市の資源を活用する「地域連携」、国際交流拠点を目指す新駅「高輪ゲートウェイ駅」の開業を見据えた「グローバル」の3つフィールドを新たに設けました。
● 2019年4月から参加を募り、合計262件の提案の中から、21件を採択しました。
● 採択した提案および協業内容のDEMO DAY(発表会)を2019年11月28日(木)に開催し、優れた提案に対して総合グランプリの「スタートアップ大賞」、「優秀賞」を決定します。採択企業はJR東日本グループと協業し、順次テストマーケティングを行っていきます。

1. 「JR東日本スタートアッププログラム」とは
 ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計42件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化にいたりました。なお、内閣府主催の2018年度第1回日本オープンイノベーション大賞において、経済産業大臣賞を受賞しました。

2. 採択企業
 自社の製品・サービスまたはプロトタイプを有する、概ね起業10 年以内の企業を対象に、年度内にテストマーケティングを実施することを目指します。また、起業または起業後間もない方についてもJR 東日本グループにおける事業アイディアの採用や当社グループの支援のもと事業の具体化を検討していきます。5月31日(金)までの応募期間中に262件のご提案をいただき、書類審査とプレゼン審査を経て、協業内容を検討してきました。その結果、「エリア拡大」「地域連携」「グローバル」テーマの提案を含む21社を採択し、年度内にテストマーケティングを行います。

【採択企業一覧】

RFルーカス株式会社株式会社アドレス株式会社VILLAGE INC
株式会社QBIT Robotics農業生産法人 株式会社グリーンズグリーン株式会社コークッキング
コネクテッドロボティクス株式会社CBcloud株式会社株式会社ZMP
株式会社センサーズ・アンド・ワークス株式会社タイミー株式会社NearMe
日本環境設計株式会社一般社団法人Next Commons Lab株式会社バイオーム
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社株式会社ブイシンクブランテックインターナショナル株式会社
株式会社ヘラルボニーMIRAI SAKE COMPANY株式会社株式会社Liberaware

3. DEMO DAY(発表会)について
 審査により採択された21件の提案の中から、社外審査員を交えてスタートアップ大賞、優秀賞を決定します。なお、受賞企業および受賞者につきましては、後日、HP(http://jrestartup.co.jp/program/)にてお知らせします。

(1)開催日
2019年11月28日(木) 
(2)審査員
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ  代表パートナー      仮屋薗 聡一氏
株式会社プロノバ            代表取締役社長      岡島 悦子氏
守屋実事務所              代表           守屋 実氏
東日本旅客鉄道株式会社        常務取締役事業創造本部長 新井 健一郎
                   常務取締役総合企画本部長 喜㔟 陽一

4. STARTUP_STATIONの展開について
 採択企業との協業プランのご紹介と、一部の協業プランのデモンストレーションを目的として、以下のとおりSTARTUP_STATIONを展開します。
(1)開催日時
 2019年12月4日(水)~2019年12月9日(月)各日11:00~18:00※12月4日のみ14:00から
(2)場所
 STARTUP_STATION(大宮駅西口イベントスペース)
(3)展開内容
 後日発表予定
プレスリリース

テストマーケティング詳細(下記画像をクリックすると21件の詳細が表示されます)