JR 東日本スタートアップ株式会社

あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション

駅のデッドスペースを新規ビジネスのフィールドに! ロッカーサイズの新型ポップアップストアを開催 JR東日本グループとカウンターワークスの実証実験! 期間:2019年6月4日(火)~6月30日(日) 場所:JR新宿駅南改札内、JR品川駅中央改札内

 JR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ)と、ポップアップストア向けスペースを貸し借りできるオンラインマーケットプレイス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を運営する株式会社COUNTERWORKS(カウンターワークス)(以下、カウンターワークス)は、2019年6月4日(月)から6月30日(日)までの間、JR新宿駅南改札内とJR品川駅中央改札内の2箇所で、空きスペースの有効利用を目的とした実証実験を行います。
 実験では、JR東日本グループとカウンターワークスが、駅のスペースに対応するため、新たに共同開発したロッカーサイズの新型ポップアップストア「POP(ポップ)-UP(アップ) BOX(ボックス)」を期間限定でオープンします。このストアは、決済を交通系ICカードなどに限定したキャッシュレス店舗で、出店者は空きスペースの所有者と、利用希望者をマッチングする「SHOPCOUNTER」のネットワークを活用して募集。今回はカップケーキやクラフトアイスクリーム、プリンなどECサイトの人気商品を販売します。

【実証実験概要】
内容:駅の省スペース専用のポップアップストア「POP-UP BOX」を使った商品販売
期間:6月4日(火)~6月30日(日)  
場所:JR新宿駅南改札内 11.12番線 ホーム階段上(東京都新宿区新宿3丁目)、
JR品川駅中央改札内 1.2番線 ホーム階段上(東京都港区高輪3丁目)

ポップアップストア「POP-UP BOX」:
 JR東日本グループとカウンターワークスが、駅の省スペース専用で開発したロッカー型の什器です。いくつかのユニットに分けて組み合わせることが可能で、取扱いアイテムに応じて様々なレイアウトを実現。また、キャッシュレスでスムーズにお会計をしていただけます。
(1)仕様
大きさ:横   約2.2メートル
    奥行き 約0.675メートル
    高さ  約1.8メートル
(2)取り扱い商品 
カップケーキやアイスクリーム等ECサイトで人気の商品(「SHOPCOUNTER」のネットワーク活用)
(3)決済方法
Suica等の交通系ICカード、クレジットカード

【カウンターワークスとJR東日本グループ】
 カウンターワークスは、ポップアップストアの為の短期貸し店舗やイベントスペースを簡単に予約できるオンラインスペースシェアサービス「SHOPCOUNTER」の運営を行うベンチャーです。2017年のJR東日本スタートアッププログラムの採択企業となり、昨年実証実験を行うなど、駅の利便性向上に向けて協業を進めています。

【JR東日本スタートアッププログラム】とは
 ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計42件の提案を採択。内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取組みは実用化しています。

■各社概要
カウンターワークス
所在地 : 東京都目黒区下目黒2-19-6 F&Tビル2
代表者 : 代表取締役CEO 三瓶 直樹
設立 : 2014年10月
事業内容 : ポップアップストアのマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」の企画・開発・運営
URL : https://www.counterworks.jp/

プレスリリース詳細