JR 東日本スタートアップ株式会社

あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション

内閣府の「第1回 日本オープンイノベーション大賞」において JR東日本スタートアッププログラムが「経済産業大臣賞」を受賞!

〇東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR東日本」)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕、以下「JR東日本スタートアップ」)は、2019年2月5日(火)にオープンイノベーション※1の優れたロールモデルを称える表彰「第1回 日本オープンイノベーション大賞」において「経済産業大臣賞」を受賞しました。
◯これは、JR東日本とJR東日本スタートアップが、スタートアップ企業と協業して新たな事業・サービスを実現する取組みである「JR東日本スタートアッププログラム」において、地域や新産業の活性化に貢献した点が評価されたものです。なお、表彰式は3月に東京都内で開催されます。
◯JR東日本グループは、今後も「JR東日本スタートアッププログラム」を通して、スタートアップ企業のアイデアや技術とJR東日本グループの経営資源をつなぎ、夢をカタチにしてまいります。
※1 オープンイノベーションとは:企業、大学、研究機関、行政機関など様々な主体が、自前主義でなく、外部との連携により、研究開発能力、技術的知見、人的資源、資金等を組み合わせ、効率的・効果的にイノベーションを創出する取組み

【JR東日本スタートアッププログラムを通じたイノベーション イメージ図】

 

1.「JR東日本スタートアッププログラム」を通じたオープンイノベーションについて
JR東日本とJR東日本スタートアップは、駅や鉄道、SuicaなどJR東日本グループの経営資源を活用したビジネス・サービスの提案を募る「JR東日本スタートアッププログラム」を通じ、革新的な技術やアイデアを持つスタートアップ企業と連携することで、イノベーションの社会実装に挑戦中です。このプログラムではJR東日本とスタートアップ企業の間に、CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)のJR東日本スタートアップが入る三位一体の座組を構築し、スピード感を持った事業展開を実現しています。

2.「JR東日本スタートアッププログラム」における地域や新産業の活性化の取組み
地域経済の活性化促進である「青森におけるインバウンド旅行客への QR 決済利用の促進」(株式会社Origamiとの取組み)や「駅ナカ傘シェアリング事業での再生可能素材の製品化」(株式会社TBMとの取組み)、「AI無人決済店舗によるサービスの効率化」(サインポスト株式会社との取組み)など社会課題解決に向けた多様な実証実験を展開しています。

これにより、スタートアップ企業のバリューアップに貢献したほか、JR東日本の鉄道事業だけではなく、グループ全体を実証実験の場とした活動を展開し、多様な新規サービスの提供を実現しています。

【JR東日本スタートアッププログラム協業各社のコメント】
株式会社Origami 代表取締役社長 康井義貴氏
Origamiは、「お金、決済、商いの未来を創造する。」というミッションのもと、国内各地域の課題解決に向け、キャッシュレス化を進めております。JR東日本様、JR東日本スタートアップ様との青森での取り組みは、観光におけるキャッシュレス需要対策はもとより、地域にキャッシュレスを社会実装する大きな一歩となります。本取り組みが地域経済活性化に繋がるよう、引き続き邁進いたします。

株式会社TBM 代表取締役CEO 山﨑敦義氏
JR東日本グループ様と共に、環境素材LIMEXで作られたリサイクル可能な傘を用いてシェアリングサービスを展開してまいります。日々多くの人が利用しているJRの駅ナカで、海外からの利用者を含めた多くの方に実際にLIMEXを手にとって頂き、日本発の世界に向けたサーキュラーエコノミーを体感して頂きたいと思います。

サインポスト株式会社 代表取締役社長 蒲原寧氏
この度は「第1回日本オープンイノベーション大賞」における「経済産業大臣賞」の受賞たいへん光栄に感じております。我国の社会問題である人手不足の解決に向け、弊社独自のAI技術を更に進歩させ、広く社会に普及させて参りますので、今後ともご支援の程よろしくお願い申し上げます。

プレスリリースについて