JR 東日本スタートアップ株式会社

あなたの夢を未来へつなぐ 『明日』創造ステーション

JR東日本グループとベンチャー企業の協業で実現 青森リンゴの搾りかすで育んだ、岩手産特選素材「ジャー黒牛」が 東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」メニューに採用

  バイオマスソリューション事業を展開する株式会社ファーメンステーション(以下、ファーメンステーション)による地域循環モデルから生まれた岩手県雫石町の「ジャー黒牛」の肉が、2019年7月6日(土)から9月29日(日)までの3ヶ月間、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)が運行する東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」において、ホテルメトロポリタン盛岡が監修するランチコースの特選素材として採用されることとなりました。「TOHOKU EMOTION」で、岩手県の食材の魅力とともに、JR東日本グループとファーメンステーションとのコラボレーションによる地域循環モデルをご体感ください。

 ファーメンステーションは、「TOHOKU EMOTION」で提供しているシードルの製造工程で発生するリンゴの搾りかすから抽出したエタノールを原材料としたアロマスプレーなどを商品化しており、車内のトイレでアロマスプレーの香りをお楽しみいただけます。また、エタノール生成後の発酵かすは、今回ランチコースの特選素材として提供される「ジャー黒牛」の飼料に採用されています。 列車内空間において、食材と香りのサステナブルな循環を実現し、東北地域の新たな魅力を発信いたします。

  なお、ファーメンステーションは、JR東日本スタートアッププログラム2018の採択企業であり、JR東日本スタートアップ株式会社(以下、JR東日本スタートアップ)との連携により、今回の取組みが実現しました。

【概要】
提供列車:東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」
対応期間:2019年7月6日(土)~2019年9月29日(日)の運転日
運行区間:八戸駅発→久慈駅行きの往路のみ提供
今回の取組み:① ランチコースに「ジャー黒牛」を採用
        (メニュー名:雫石産ジャー黒牛のロースト 岩泉わさび添え )
       ➁ 車内空間の香りの演出に青森リンゴの搾りかすから抽出した
        エタノール配合スプレーを採用
        (使用箇所:車内トイレ)

【東北レストラン鉄道「TOHOKU EMOTION」】
 2013年10月に運転を開始した、列車全体がレストランとなった「のってたのしい列車」です。メニューは、3ヶ月ごとに変更され、八戸駅―久慈駅間で運行しております。運転日他、旅行代金等について詳しくは、JR東日本「のってたのしい列車」ホームページ(https://www.jreast.co.jp/railway/joyful/)をご覧ください。

【ジャー黒牛】
 雫石町の㈱重次郎(代表取締役:中屋敷 敏晃)が飼育するジャージー牛と黒毛和種を掛け合わせたもので、飼育頭数が極端に少なく、ほとんど流通していない希少な牛肉です。ジャージー牛の赤身に黒毛和種の上質な脂が入り、さっぱりした味わいが特徴です。
 飼料には、ファーメンステーションがリンゴの搾りかすからエタノールを抽出した後に残る発酵かすを与えており、リンゴ由来の香りも相まって、牛の高い嗜好性が確認されています。 ※「ジャー黒牛」については、JR東日本盛岡支社ホームページ内の「いわて食材発信プロジェクト」のコンテンツ「シェフの食旅」にて動画が近日公開予定です。

【重次郎】
会社名の「重次郎」は屋号。岩手県雫石町で代々続く農家の5代目が、和牛繁殖を主体にユニークな畜産経営を展開している他、パン製造、カフェ営業、農業資材運送業も手がけています。
プレスリリースについて